新しい人形

近日公開!できるといいなあ。

P6282233.jpg

和装の人形です。画像は作り帯、帯揚げ、帯締め、しごき、髪飾り、草履、足袋、腰ひも、長じゅばん。メインの着物はここには写っていませんが、全部作りました。
 
 

紫陽花の季節

雨の季節は憂鬱だけど、紫陽花の花はとても好きです。
そんなわけで、紫陽花のゼリーです。

P6021876.jpg

P5278408.jpg

P5288486.jpg

P5288495.jpg

P6011814.jpg

P6021854.jpg

P6011831.jpg

P5308777.jpg

P5308772.jpg

使っているのはゼラチン、寒天、かき氷用のシロップ、牛乳、砂糖、バニラアイスです。

P5248646.jpg

P5248525.jpg

金魚鉢を生かした上のゼリーはフルーツ入り。
 
 

テムペスト

シェイクスピアの作品をすべて読んだわけではありませんが、今まで読んだ中で一番気になる登場人物が「あらし(テンペスト)」のエアリエル。厳密にいえば、人ではないので、登場人物とは言えないのかもしれませんが。
ミランダとファーディナンドの出会いを仕組んだのはプロスペローですが、その実行犯がエアリエルです。プロスペローと観客以外には見えない存在で、人々を自由に操り、脅かし、見守ります。
妖精といえば、シェイクスピアの「夏の夜の夢」も有名ですが、「夏夢」に登場する妖精たちのような感情の起伏を見せない分、何を考えているのかわからない不気味さと同時に無邪気さも持ち合わせていて、恩人であるプロスペローに対しては従順に見えて、そうでもなかったり、不自由だけど自由。実に興味深いです。

P4074861b3.jpg

──あの俳優共は、豫て話しておいた通り、 みんな精靈ぢゃによって、空氣の中へ、薄い空氣の中へ、 溶け込んでしまうた。

P4086282b3.jpg

──あゝ、此 幻影の、 礎ない假建物と同じやうに、 あの雲に沖る樓臺も、あの輪奐たる宮殿も、 あの莊嚴なる堂塔も、此大地球其者も、 いや、此地上に有りとあらゆる物一切が、やがては悉く溶解して、 今消え去った彼の幻影と同樣に、後には泡沫をも殘さぬのぢゃ。

P4227922b3.jpg

──吾々は夢と同じ品物で出來てゐる、吾々の瑣小な一生は、 眠りに始って眠りに終る。(第四幕第一場)

P4087245b3.jpg

文中の引用は坪内逍遥の訳より。
 
 

私の好きなシェイクスピア

唐突ですが、ここで全自分シェイクスピアの作品で好きなの総選挙の結果発表です。
アンケートの対象が自分一人なので、とりあえず5位までは決まったのですが、それ以下は順位がつけがたく、自分一人で話し合っても埒があかず、発表は上位5作品とします。
こういう場合、5位から発表という慣例を無視して、第一位から。
栄光の第一位は「冬物語」
「オセロー」の展開になると思いきや、というハラハラの展開といい、終盤のピグマリオンを連想させるシーンといい、どこをとっても、いや、一点をのぞいて非の打ちどころがありません。舞台となるボヘミアとシチリアの特徴が逆では?というのも、ご愛敬ですし、前半、物分かりのいいところを見せたボヘミア王が息子のことでは意固地になって、逆にシチリア王が若いふたりの理解者になるというのも洒落がきいています。
ただ、残念なことにあまりメジャーではないみたいで、映像化されたものを見たことがありません。
第二位は「ハムレット」
言わずと知れた四大悲劇の一つです。主人公の性格はややアレですが、名場面と名台詞がてんこもり。
ハムレットについては主観的見解をさんざん書いているので、ここでは省略します。
第三位は、「十二夜」
これについても、ここでは省略。
第四位は意外に思われるかもしれませんが「ベニスの商人」です。
有名な人肉裁判のシーン、ユダヤ人のシャイロックいじめはあまり好きではないのですが、物語を彩る6人の男女の人間模様がすごく好きです。
特にポーシャが指輪のことでバサーニオをいじる場面は最高。

IMG_2596ab3.jpg

昨年、蜷川幸雄氏の一周忌に上映された「ベニスの商人」を観たのですが、ポーシャ役とジェシカ役を演じている二人の俳優さん(男性)が、男装の場面でもちゃんと女性に見えて、役者さんって本当にすごいなと思いました。ちなみにお二人とも、テレビではちゃんと男性役をやっていらっしゃいます。
そして、第五位が「あらし(テンペスト)」です。

P3270688b3.jpg

画像は「あらし(テンペスト)」に登場するエアリエルとミランダをイメージして作った人形です。
では、次回は「あらし(テンペスト)」について書くかもしれません。
 
 

さくらさくら

近くに桜の有名な公園があるのですが、近いくせになかなかいかないので、このたび一眼レフカメラを買ったのでカメラに慣れるためと出かけてみました。

P4021800b3.jpg

桜のビークは過ぎていて、けっこう葉桜になっているのも多かったのですが、休日ということでそれなりの人出。でも、思ったほどの混雑ではありませんでした。

P4021792b3.jpg

でも、やはり桜は綺麗。

P4021789b3.jpg

叫びたいまでにピンク。

P4021788b3.jpg

日本人はなぜ桜が好きなのでしょう。

P4021809b3.jpg

でも、そのわりに「桜の森の満開の下」とか「桜の樹の下には」みたいに怖いイメージが付きまとっているものも多かったりします。
実際、見渡す限り桜が咲き乱れていて、自分しかそこにいなかったとしたら、何か言い知れない恐怖みたいなものを感じるかもしれません。
だから桜を見る時はみんなでわいわい集まるのでしょうか。

P4021783b3.jpg