FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

秋の色

秋なので、帰蝶の衣装を少し温かみのある色に染めてみました。

PA062054 -1b3

紅茶染めではないけれど、紅茶染めを意識したような色に。

PA062109 -1b3

夏はフルーツフレーバーのアイスティーをやたらと飲んでたけど、ミルクティーの美味しい季節に。

PA062161 -1b3

秋は夕焼けも綺麗ですね。

PA062174 -1b3

和栗のモンブランの茶色も好きです。

PA032565 -1b3

葡萄色とか。

PA061930 -1b3

柿の色とか。

PA061937b3.jpg

つまるところ、美味しい食べ物がいっぱい。

PA032608 -1 (2)b3
スポンサーサイト
 
 

帰蝶

まだ完成ではないのですが、しばらくさぼってしまったので、現在進行形の人形の画像をアップします。

P9221948 -1 (2)b3

名前は帰蝶とつけました。

P9221913 -1b3

胡蝶、帰蝶ときて、次は花蝶になるかもしれません。

P9221930 -1 (2)b3

いずれは、猪鹿蝶・・・は作る予定はありません。
でも、作るとしたら、鹿の角に蝶の羽、猪の鼻というキマイラになるかもしれません。作らないですけど。

P9222427 -1b3

久しぶりに、こってりレースの衣装を作りました。
バブーシュカをしているのは、蝶をロシア語で「バーバチカ」というのですが、そこから「バーブシカ(ロシア語でお婆さんのこと)」、そして「バブーシュカ」という連想ゲームみたいなものです。
ちなみにバブーシュカはロシアでお婆さんが頭にプラトークというスカーフをしているのを見て、三角巾のことをバブーシュカと言うようになったのですが、若い女性でも教会では頭にプラトークを巻いてたりします。

P9212388b3.jpg
 
 

胡蝶

夢の中で蝶になってひらひらと舞っていた。
はたして、蝶になった夢を見ていたのか、それとも今の自分が蝶の見ている夢なのか。

P7012021b3.jpg

大きさは約54cm。着物から襦袢、帯や小物も正絹で手縫で作りました。足袋は綿。

P7042268 -1b3

正座もしますが、そうすると草履が履けません。

P7142132b3.jpg

今まで着物の知識はほとんどなかったので(とりあえずお太鼓くらいは自分で結べますが、袋帯のみ)、襦袢の襟に関西仕立てと関東仕立てがあることとか、帯の巻き方も関西と関東で違いがあるとか初めて知りました。和服の世界は本当に奥が深いです。

P7042260 -1b3

蝶をイメージしたので、帯は蝶文庫結び、帯締めで蝶を表現しました。

P7011960b3.jpg

冒頭の文は荘子の説話「胡蝶の夢」より。

P7142126b3.jpg
 
 

新しい人形

近日公開!できるといいなあ。

P6282233.jpg

和装の人形です。画像は作り帯、帯揚げ、帯締め、しごき、髪飾り、草履、足袋、腰ひも、長じゅばん。メインの着物はここには写っていませんが、全部作りました。
 
 

紫陽花の季節

雨の季節は憂鬱だけど、紫陽花の花はとても好きです。
そんなわけで、紫陽花のゼリーです。

P6021876.jpg

P5278408.jpg

P5288486.jpg

P5288495.jpg

P6011814.jpg

P6021854.jpg

P6011831.jpg

P5308777.jpg

P5308772.jpg

使っているのはゼラチン、寒天、かき氷用のシロップ、牛乳、砂糖、バニラアイスです。

P5248646.jpg

P5248525.jpg

金魚鉢を生かした上のゼリーはフルーツ入り。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。