ホシノヒトミ

これまでのお話。
人形の制作過程をツイッターに載せるようにしていたら、こちらがお留守になってしまい広告が出てしまったので、今作っている人形のこれまでの経過を書きます。

IMG_4939b3.jpg

首だけの画像もありますので、苦手な方はご注意ください。
タイトルは、トペリウスの童話からです。

IMG_2892b3.jpg

おなかに独立球を入れる胴体3分割にしました。
体をひねると、おへそが時々行方不明になります。

IMG_2916b3.jpg

IMG_2921b3.jpg

IMG_2925b3.jpg

IMG_2985b3.jpg

いろんなポーズ。
自立すればいいっていうものでもありませんが、バランスを見る際の指標にはなります。

IMG_2851b3.jpg

目玉はガラス半球と粘土を使った自作です。タイトルに合わせてキラキラさせてみました。

IMG_3227b3.jpg

少し前から教室の胡粉がきめの細かい白味の強いものに変わったので(値段も上がりました)、青い絵の具を混ぜて下地塗装しました。

IMG_3452b3.jpg

彩色して髪の毛を合わせたところ。この時点ではまだ貼っていません。

IMG_3755b3.jpg

仮縫い中。

IMG_3846b3.jpg

わかりやすくするために、黒い糸を使っています。白い布に白いとだと見えにくくて。とくに、夜。

IMG_4199b3.jpg

実際の生地で縫ったのがこんな感じです。生地が違うとイメージも変わります。

IMG_4923b3.jpg

そして、現在。
髪はしつけ糸で借り結びしています。
これからまつげを貼ったり靴を作ったり、作業はさらに続きます。
 
 

第6回クラフトアート創作人形展

1月末から始まったクラフトアート創作人形展、東京会場、大阪会場、共に終了しました。
私は大阪会場の方だけ出展したのですが、両方の会場を見ているので、今までに比べて球体関節人形の割合が減っているような印象を受けました。その分、実にバラエティに富んだ作品の数々を見て圧倒されました。
それと、限られた空間をみんなすごく上手に使っているというのを感じました。

大阪会場の様子です。

DSC_1422b3.jpg

DSC_1421b3.jpg

DSC_1420b3.jpg

DSC_1419b3.jpg

IMG_1639b3.jpg

設営や撤収では相変わらず手際が悪くて周りに迷惑かけたり好意に甘えたりしましたが、たくさんの作品を見られて本当に楽しかったです。
主催者様ならび会場を提供してくださった大丸様、参加者のみなさま、そして会場にいらっしゃったお客様、来られなかった方も、全ての方々に感謝いたします。

東京会場は浅草だったので、人形展を見た後、おみくじをひきました。吉でした。

DSC_1412b3.jpg
 
 

セバスチャンとヴァイオラ

來をれ、最期(いまは)よ、來をるなら、來をれ、
杉の柩に埋めてくりゃれ。
絶えよ、此息、絶えるなら、絶えろ、
むごいあの兒に殺されまする。
──シェイクスピア「十二夜」より 坪内逍遥・訳

IMG_1306b3.jpg

「十二夜」はシェイクスピアの作品の中では喜劇に分類されますが、常に死の影が付きまとっています。
同じ日に生まれ、いつも一緒にいた双子の兄と妹が船の難破で離ればなれになります。
互いに相手が死んだと思い込み、妹は兄になりかわろうとし、男装します。兄は妹を救えなかった自責の念に追い立てられます。
その象徴として、妹には兄と同じ顔をした面を、兄には髑髏の面を作りました。

IMG_1194b3.jpg

双子の取り違え物としては、同じくシェイクスピアの「間違いの喜劇」が有名ですが、「十二夜」では妹が男装しているため、さらに話がややこしく、あぶなくなっています。
妹ヴァイオラはひそかにオーシノーを慕うのですが、男装してシザーリオと名乗っているので、二人の関係は男同士に見えるし、オーシノーが恋するオリヴィアがシザーリオに一目惚れ、でも本当は女同士。
果たしてヴァイオラとセバスチャンは無事に再会することができるのでしょうか。

IMG_1247b3.jpg

最近では双子の兄と妹を一人二役で演じることも多いようで、野田版では大地真央が、蜷川版では尾上菊之助が演じていました。

IMG_1176b3.jpg

お面の裏にはちりめんを貼っているので装着することも可能です。
 
 

Twelfth night

クリスマスの12日目、真実の恋人から12人の太鼓を叩いている鼓手や11人の笛を吹いている笛吹きや10人の飛び跳ねている貴族や9人の踊っている貴婦人や8人の乳搾りしている女中7羽の泳いでいる白鳥や6羽の卵を生んでいるガチョウや5個の金の指輪や4羽の鳴いている鳥や3羽のフランスめんどりや2羽のキジバトや1羽の梨の木にいるヤマウズラを送り付けられ、シェイクスピアの「十二夜」が上演されます。
ということで、十二夜には間に合わなかったのですが、登場人物の兄セバスチャンと妹ヴァイオラをモチーフにした人形を作っています。

IMG_0496b2.jpg

IMG_0538b2.jpg

IMG_0663b2.jpg

あと、靴とその他こまごましたものを作れば完成、です。たぶん。
双子の設定ですが、あまり似ませんでした。異性一卵性のミラーツインにしたかったので、オッドアイです。
兄は左目がブルーで右目がトパーズ、妹はその逆です。
 
 

なぜかドラゴン

ブログがすっかりおろそかになっているので、今作っているドラゴンの軌跡を記したいと思います。

IMG_0057b2.jpg

どうしてドラゴンを作ろうと思ったのか、きっかけは忘れてしまいましたが、最初はこんな感じです。

IMG_0061b2.jpg

せっかくなので、もう一匹くらい作りたい。

IMG_0069b2.jpg

急きょ、眠り目に。

IMG_0073b2.jpg

朝のドラゴン。略して「朝ドラ」

IMG_0074b2.jpg

あひるとドラゴン。略して「ひるドラ」

IMG_0078b2.jpg

現在、おうごんのドラゴン。略して「ごんどら」
金色は下地なので、まだまだ変化します。
 
 

晴れた日にカメラに遊ばれる

久しぶりに晴れた日曜日、以前撮ったくるみ割り少女とネズミ王子の写真が納得いかないのもあって、あらためて写真を撮りました。
いつものことながら、手際が悪く、箱から人形を取り出して、組み立てて服を着せて、いざ撮影と思ったらデジカメの電池切れ。
充電した後、再度撮影に挑むも、SDカードの容量が足りません、ですと。
服を着せたりするのに時間がかかるのはわかっていたのですから、その前にカメラを確認しておくべきでした。次からは、気をつけます。・・・覚えていれば。
相変わらず、写真の腕は向上しませんが、続けていけばうまくなれる!と、いいなあ。

IMG_7259b2.jpg

IMG_7254b2.jpg

IMG_7268b2.jpg

IMG_7270b2.jpg

IMG_7240b2.jpg

IMG_7400b2.jpg

IMG_7644b2.jpg

IMG_7443b2.jpg

ネズミ王子は同じような画像ばかりなのですが、角度によって表情が変わるよねー、と思っているのは作った本人だけでしょうか。
 
 

じょーじあ

最近、少しだけグルジアに関して感度がよくなっていたのか、グルジアとかトビリシとなどの文字がいつもより目につくようになった気がします。
トビリシに青い変なホテルができたこととか白いライオンが生まれたこととか、なんちゃってハチャプリの作り方、などなど。
ハチャプリは作り方を見ただけで、実際にはまだ作っていませんが、作ってみたいとは思っています。
グルジアをジョージアと表記するようになってけっこう経ちますが、いずれ完全にジョージアに移行してしまったら、検索が面倒になる気しかしません。
例えばグルジアのコーヒー事情を知りたいのに、「ジョージア」「コーヒー」で検索したらいろいろ違うものがひっかかってきそう。
どうせなら、サカルトヴェロにしてしまえばよかったのに。

そんなわけで、チョハ(ロシア語ではチェルケスカ)風衣装をを着たネズミ王子とくるみ割り少女。

くるみ割り少女とネズミ王子

くるみ割り

くるみ割り少女
 
 

くるみ割り少女とネズミの王子様

Щелкунчика и Мышиный принц

ふたり

物語の中では敵同士のふたり。でも、幕が降りたら仲良し・・・なのかも。

王子

王子の衣装はグルジアの民族衣装を元にしています。

くるみ2

くるみ割り少女。でも、クルミは割りません。戦利品のネズミを振り回しています。

くるみ3

びんはぐるま

腰に下げているのは歯車の瓶詰。

おうじ2

頭にネズミがいるのに嬉しそうです。

つるぎ

王子の装備。剣とベルトです。
 
 

スリーウェイ

いろいろ試してみてネズミは3wayに。
こちらが基本形。

基本形

ネズミなし。

ろしあ帽風

ファーなし。

ネズミだけ

かぶらない時は置物にもなります。

置物として

あっ、4wayだ。
 
 

女の子の靴、最終形

こうなりました。
左右非対称のデザインです。リボンと歯車で飾り付け。

くつ

男の子のブーツは現在制作中。
ファスナー開閉のシンプルな形ですが、シンプルなままでいくか、ごてごて飾り付けるか悩みどころ。
服と合わせてバランスを見てからどうするか決めます。