テムペスト

シェイクスピアの作品をすべて読んだわけではありませんが、今まで読んだ中で一番気になる登場人物が「あらし(テンペスト)」のエアリエル。厳密にいえば、人ではないので、登場人物とは言えないのかもしれませんが。
ミランダとファーディナンドの出会いを仕組んだのはプロスペローですが、その実行犯がエアリエルです。プロスペローと観客以外には見えない存在で、人々を自由に操り、脅かし、見守ります。
妖精といえば、シェイクスピアの「夏の夜の夢」も有名ですが、「夏夢」に登場する妖精たちのような感情の起伏を見せない分、何を考えているのかわからない不気味さと同時に無邪気さも持ち合わせていて、恩人であるプロスペローに対しては従順に見えて、そうでもなかったり、不自由だけど自由。実に興味深いです。

P4074861b3.jpg

──あの俳優共は、豫て話しておいた通り、 みんな精靈ぢゃによって、空氣の中へ、薄い空氣の中へ、 溶け込んでしまうた。

P4086282b3.jpg

──あゝ、此 幻影の、 礎ない假建物と同じやうに、 あの雲に沖る樓臺も、あの輪奐たる宮殿も、 あの莊嚴なる堂塔も、此大地球其者も、 いや、此地上に有りとあらゆる物一切が、やがては悉く溶解して、 今消え去った彼の幻影と同樣に、後には泡沫をも殘さぬのぢゃ。

P4227922b3.jpg

──吾々は夢と同じ品物で出來てゐる、吾々の瑣小な一生は、 眠りに始って眠りに終る。(第四幕第一場)

P4087245b3.jpg

文中の引用は坪内逍遥の訳より。
 
 

私の好きなシェイクスピア

唐突ですが、ここで全自分シェイクスピアの作品で好きなの総選挙の結果発表です。
アンケートの対象が自分一人なので、とりあえず5位までは決まったのですが、それ以下は順位がつけがたく、自分一人で話し合っても埒があかず、発表は上位5作品とします。
こういう場合、5位から発表という慣例を無視して、第一位から。
栄光の第一位は「冬物語」
「オセロー」の展開になると思いきや、というハラハラの展開といい、終盤のピグマリオンを連想させるシーンといい、どこをとっても、いや、一点をのぞいて非の打ちどころがありません。舞台となるボヘミアとシチリアの特徴が逆では?というのも、ご愛敬ですし、前半、物分かりのいいところを見せたボヘミア王が息子のことでは意固地になって、逆にシチリア王が若いふたりの理解者になるというのも洒落がきいています。
ただ、残念なことにあまりメジャーではないみたいで、映像化されたものを見たことがありません。
第二位は「ハムレット」
言わずと知れた四大悲劇の一つです。主人公の性格はややアレですが、名場面と名台詞がてんこもり。
ハムレットについては主観的見解をさんざん書いているので、ここでは省略します。
第三位は、「十二夜」
これについても、ここでは省略。
第四位は意外に思われるかもしれませんが「ベニスの商人」です。
有名な人肉裁判のシーン、ユダヤ人のシャイロックいじめはあまり好きではないのですが、物語を彩る6人の男女の人間模様がすごく好きです。
特にポーシャが指輪のことでバサーニオをいじる場面は最高。

IMG_2596ab3.jpg

昨年、蜷川幸雄氏の一周忌に上映された「ベニスの商人」を観たのですが、ポーシャ役とジェシカ役を演じている二人の俳優さん(男性)が、男装の場面でもちゃんと女性に見えて、役者さんって本当にすごいなと思いました。ちなみにお二人とも、テレビではちゃんと男性役をやっていらっしゃいます。
そして、第五位が「あらし(テンペスト)」です。

P3270688b3.jpg

画像は「あらし(テンペスト)」に登場するエアリエルとミランダをイメージして作った人形です。
では、次回は「あらし(テンペスト)」について書くかもしれません。
 
 

フィンランド幻想

クリスマスの前夜、狼の群れに襲われたソリから赤ん坊が雪の上に投げ出されました。ソリと狼たちはあっという間に走り去りました。赤ん坊の瞳は満天の星空を見つめています。その時、星がまたたいて赤ん坊の瞳に宿ります。
「星のひとみ」の冒頭は確かこんな風。

IMG_6237 (2)b3

トペリウスの「星のひとみ」を初めて読んだのは、世界少年少女文学全集の北欧版。ストリンドベリの「海に落ちたピアノ」も収録されていたので、しばらくトペリウスとストリンドベリがごっちゃになっていましたが、トペリウスはフィンランドの作家でストリンドベリはスウェーデンの作家です。ただし、どちらもスウェーデン語を使っていたようです。
実は一度だけフィンランドに行ったことがあって、滞在時間は6時間ほど。何しに行ったかというと、ヘルシンキから列車に乗ってロシアとの国境を越えてサンクトペテルブルクに行くためです。列車の時間待ちに街をぶらついたり駅前の教会に入ったりしてはみたのですが、ロシア正教の教会だったためロシア語が飛び交っていたし、列車の車掌さんもロシア人だったので、せっかくのフィンランドなのに、あまりフィンランドな体験はした記憶がありません。
でも、その時泊まったペテルブルクのホテルがフィンランド湾に面したプリバルチスカヤホテルでした。文字通り、バルト海が目の前だったのですが、まあフィンランドではありません。ということで、いまだにフィンランドがよくわかりません。
それはともかく、初めての列車での国境越え、パスポートを車掌さんに預けたら全部やってくれて、いつのまにか列車が動き始めて、という感じで、ドキドキするようなことはありませんでした。初めてモスクワに行ったときに入国審査にものすごい時間がかかったのがトラウマになっていたのかもしれません。そういえば、何年か前にロシアに行ったとき、入国審査があっさり済んで拍子抜けしたことを覚えています。ロシアに入るのが大変というのは過去の話になったのかもしれません。
ところで、久しぶりにトペリウスを読んでみようと思ったら、古本でしか手に入らないようです。しかも、私が読んだ藤城清治さんの挿絵のものは見つかりませんでした。最近の子供は童話とか読まないそうで、日本の有名な昔話も知らない子が多いと聞いたことがあります。それとは逆に、ゲームなんかでやたら昔話や神話に詳しかったりと、二極化しているみたいです。それがいいのか悪いのかはわかりませんが。
 
 

星を食べる

穏やかな銀河の時代にも、流れ星は10分に一度、星空を駆け抜けるという。
この事実は人類に何を教えるのだろう。つまり世界は、10分に一度は願うことを許されているのだ。これは、なぐさめでも神話でもない。いうなれば、統計的事実というやつだ。
世界は、10分に一度は願うことを許されている。
その奇妙な依頼人が現れたのは、そんな、統計的事実の夜だった。
(鴻上尚史「ハッシャ・バイ」より)

月が印象的な物語は、今回も番外編で流れ星です。
奇妙な依頼人の登場により幕を開ける奇妙な物語、そして、その行き着く先は、といういつもの鴻上ワールドですが、それはさておいて。
最近トッピング用の星型シュガーが特売だったので買ってみたのですが、意味もなくゼリーやアイスクリームにかけるとこれが結構楽しいのです。やはり、スイーツは見た目が大切。味もですが。

IMG_3119b3.jpg

コーヒーゼリーに。

IMG_3222b3.jpg

コーヒーゼリーと牛乳ゼリーの二色ゼリー。

IMG_3096b3.jpg

コンビニのスイーツもたちまちオリジナルスイーツに。

IMG_3282b3.jpg

そして、夏はなんといっても、アイスです。

IMG_3353b3.jpg

シュガーと言っても、コーンスターチを固めて砂糖で味付けしたものなので、コーヒーなどに入れて甘くなるわけではありません。賞味期限までに使い切らなくては。
 
 

十二夜×5で六十夜

しばらく人形の記事を書いていませんが、一応作っています。ダビデ君で遊んでばかりいるわけではありません。

DSC_0053.jpg

DSC_0057.jpg

あっ、こ・・・これは!
イケメンだから、馬が似合いますこと。

それはともかく、今作っている人形たちがシェイクスピアの戯曲をモチーフにしていることは以前書きましたが、あらためて読んでみました。

DSC_0015.jpg

IMG_6676b2.jpg

今のところ、小津次郎氏、小田島雄志氏、河合祥一郎氏、安西徹雄氏、松岡和子氏、それぞれの訳による「十二夜」を読んだのですが、当然ながら訳す人によって違います。
もともとが古い英語で書かれているし、言葉遊びも多いので、どんなふうに日本語に置き換えるかはそれぞれの腕の見せ所、といったところでしょう。
戯曲なので、演出家や演じる人によっても違う作品になると思います。
あと、福田恒存氏の訳も出ているはずですし、やはり坪内逍遥さんも押さえておかないと。
新潮文庫のシェイクスピアは表紙の絵がかっこいいのですが、「十二夜」は出ていないようです。
シェイクスピアに混じってクリスティーがあるのは、「十二夜」に出てくる歌の中に「杉の柩」という言葉が出てくるからです。
ちなみに原題は「Sad Cypress(悲しき糸杉)」で、松岡和子氏の解説によると、糸杉は死と再生を意味しているそうです。
ついでにいうと、サイプレスはキプロスの語源になったとも言われていて、キプロスといえば、あのピグマリオンが治めていた島です。
 
 

さくらんぼのジャムを食べたくなる時

というわけで、「新カラマーゾフの兄弟」読みました。
結論から言うと、亀山郁夫氏はロシア文学者でドストエフスキー研究者ではあっても、小説家ではないなと。
もともと期待はしていなかったのですが、タイトルに「カラマーゾフ」とつけるのは卑怯ですよね。無視できないですもん。
ドストエフスキーが書かなかった13年後の物語なのかと思っていたら、舞台を日本に置き換えて、年齢だけは13年たった兄弟にドストエフスキーの書いた「カラマーゾフ」の中の行動をなぞらせて、いったい何がしたいのかわかりませんでした。
パロディでもないし、表題に「カラマーゾフ」と入れている以上、別物ではないし、それこそ剽窃になってしまいます。
唯一、すべてのカラマーゾフ・ファンが狂喜したのはさくらんぼのジャムがでてくるシーンでしょう。
名前の付け方も、以前やっていたドラマ版の方がセンスがあったような気がします。
ゾシマ長老に当たる人物の名が「嶋省三」というのだけは笑えましたが。
研究者たちによれば、ドストエフスキーは続編では皇帝暗殺にかかわっていく三男を描くはずだったということですが、「新カラ」ではずいぶんこじんまりとしたクーデターになっていて、ドストエフスキー作の「悪霊」を参考にしたとしても、なんだか狭い世界の中で話が進んでいくのがなんとも。
K氏とX先生のやりとりは、ああ、そうだったのか!とは思いましたが、この作品の中で書く必要があったのか。でも、それを言ったら、「Kの手記」をまるごと否定することになってしまいますね。(“X”は“エックス”ではなくロシア語の“ハー”と考えると誰のことかわかってきます)
時代設定を1995年にしたのは、当時起きた実際の事件と絡ませたかったようで、そうすることでもしかしたらドストエフスキーと肩を並べたかったのでしょうか。
ひょっとしたらだけど、亀山氏はドストエフスキーになりたかったのか、なんて思ってしまいました。
ネタバレになるので詳しく書くことは差し控えますが、ラストシーンを例の日にもってきたのは意図的というか、やり過ぎな気がしてしらけました。

さくらんぼのジャム、おいしくいただきました。
雰囲気を出すためにロシアで買ったお盆や食器を一緒に並べてみました。

さくらんぼのジャム

にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
 
 

月が印象的に描かれた物語・番外編

頭上には、静かな星をこぼれるばかりにちりばめた空の円天井が、見はるかすかなたまで広々と打ちひらけていた。天の頂から地平線にかけて、まだおぼろな銀河がふた筋に分かれて走っていた。動き一つないほど静かな、すがすがしい夜が大地を包み、教会の白い塔と金色の円屋根がサファイヤ色の空にきらめいていた。地上の静けさが空の静けさと融け合い、地上の神秘が星の神秘と触れ合っているかのようだった…
(ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」より)

過去に8回にわたって月が印象的に描かれた物語を紹介してきましたが、今回は番外編ということで、星空が印象的に描かれた物語としてドストエフスキーの代表作「カラマーゾフの兄弟」を取り上げてみました。訳は原卓也氏です。
ドストエフスキーと言えば、緻密な心理描写で知られていますが、主人公アリョーシャの人生の転機となるこの場面は泣きたくなるくらいに美しい情景が描かれています。
このあと、例の事件が起きて、イワンの元に悪魔が現れたりいろいろするわけですが、この星空の場面があることでよけいに対比が際立つ気がします。
そして13年後には…
それにしても、ドストエフスキーの手になる続編が読めないのはつくづく残念です。

夜景ではありませんが、白い塔と金色の円屋根というと、こんなイメージ。

白い巨塔

円屋根

いずれも2012年、モスクワにて撮影したもの。
なぜ急に「カラマーゾフ」かというと、「新カラマーゾフ」読んじゃったんですよね。
でも、さんらんぼのジャムを舐めたので元気です。

にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
 
 

饒舌な登場人物たち

図書館に予約しておいた本がわりと早く連絡が来ました。
本のタイトルは「もし、シェイクスピアがスター・ウォーズを書いたら まこと新たなる希望なり」

もしスタ

発売されたばかりだったので、数か月は待たされると覚悟していたのですが、もしかしてスター・ウォーズって人気ない?ってことはありませんよね。来週には新作の映画も公開されることですし。
ひょっとして、人気がないのはシェイクスピアの方だったりして。
それにしても、作者よりも翻訳者の方が大きく紹介されてるんですが、いいのかな、いいのかな。
内容はタイトル通り、シェイクスピアがスター・ウォーズを書いたらこうだっただろうというパロディで、オープニングの文字が前から奥の方に飛んでいくあの場面は宇宙空間でコロスが読み上げているというように変更されているのですが、それがちゃんとソネット形式。
他の登場人物たちもシェイクスピア張りの大仰な台詞を喋る喋る。R2D2までもが傍白はちゃんと普通に喋っているし。
ただ、あちこちにシェイクスピアの名場面、名台詞が散りばめられているので、スター・ウォーズのファンよりはシェイクスピアおたく向きかもしれません。
でも、台詞が時代がかっている上にスピード感がまったくない「スター・ウォーズ」、舞台でやってみようという勇者はいないものでしょうか。
翻訳した河合祥一郎氏はシェイクスピアの新訳でも知られる方で、前出の通り作者より目立っていることとか、他にもいろいろ突っ込みたいところがなくはないのですが、そこは目をつぶることにします。

パロディと言えば、戦国時代にヤフーの知恵袋があったら、みたいな本も予約しているのですが、そっちはかなり時間がかかりそうです。
ちなみにタイトルは、「〈至急〉塩を止められて困っています〈信玄〉」

にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
 
 

ドストエフスキーは角部屋がお好き

昨日、ドストエフスキーが住んでいた家のことを書いたのですが、ドストエフスキー記念館に行った時にフォトセットを買っていたのを思い出して、探してみたらやはり小モルスカヤ通りの角の家は「白夜」が執筆された家でした。
一説によると、ドストエフスキーは角部屋が好きだったらしく、確かに住んでいた家の写真を見ると、同じような角度で撮られたのが多いです。

ドストハウスたち

ちなみに、一番下が「カラマーゾフの兄弟」の書かれた家で、現在は記念館になっています。その右上が「罪と罰」の書かれた家。カバーは記念館からの眺めです。

ラスコーリニコフ絡みのフォトセットもあります。

ラスコハウス

下の写真の中央に写っているのがラスコーリニコフが住んでいたといわれる家で、左は中庭から入り口を見たところです。

にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
 
 

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、最近までドクロを作っていまして、正確には道化師ヨリックの頭蓋骨なのですけれども、「頭蓋骨」と手書きで書こうとして、「ガイ」という字が書けなくて愕然としました。
「髑髏」という字は日常的に使う言葉ではないからと言い訳しつつ、カタカナですませられますが、「蓋」は「蓋然的」とか「綴じ蓋」みたいに日常茶飯事に使われるので、書けないと日本人として少し恥ずかしいのかも。でも、「頭骸骨」と書かなくて本当によかったです。

ところで、最近Amazonにおすすめされているのが、亀山郁夫著「新カラマーゾフの兄弟」なんですが、うーん、微妙。
書きたい気持ちもわからなくはありません。たしか、亀山先生は「カラマーゾフの続編を空想する」とかいう本も出してますね。カラマーゾフに関しては江川卓氏も「謎解き」シリーズを出してますし、そういえば、何年か前に乱歩賞を受賞した変な本もありました。だから、なおさら書きたくなったのでしょうか。
二次創作程度のものだったら、亀山先生ほどの人に書いて欲しくはないですが、当時のロシアをよく御存じでいらっしゃるし、考証もしっかりされているので、「カラマーゾフの妹」みたいな残念なことにはならないと信じていますけれど。
「カラマーゾフの兄弟」は中学の時に米川正夫氏訳を読んでハマり、その後、原卓也氏訳も読んでるので、どうしても比べてしまうのかもしれませんが、やはり一番読みにくかったのは亀山氏の新訳でした。
文章は易しいんですけどね、易しく書こうとするあまり、何が言いたいのか伝わらないというのが正直な感想。
でも、出版されてしばらくして落ち着いて、図書館で借りられるようになったら読んでみようとは思います、新カラ。

ドスト氏の家

サンクトペテルブルクにはドストエフスキーが住んでいた家がいくつもあって、右側の建物がその中の一つです。聖イサク寺院のそばにあります。

プレート

1847年から49年まで住んでいたということは、「白夜」はここで書かれたということでしょうか。そして、1949年にドストエフスキーは政治犯として逮捕されています。

ご近所の寺院

こちらが聖イサク寺院。エルミタージュ美術館もすぐ近くです。
実は、前回ペテルブルクに行った時にひそかにラスコーリニコフが住んでいたといわれる家を見に行きまして、たまたまそこの住人の方が帰ってきたので中庭に入れてもらいました。建物はドストエフスキーが生きていた時のままなのに、暗証番号式のドアロックがミスマッチで素敵でした。

にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村