工作の時間

ドアを作りました。

扉

もちろん、本物ではありません。高さ約56センチ。
横の糊と大きさを比較してみてください。
ノブをつけたら、ちょっとそれっぽくなった気がします。
白とアイボリーをむらに塗ってシャビーな感じを表現してみたのですが、白い壁だと映えませんね。
これに枠をつけるのですが、やっぱ開け閉めできるようにしたいですよね、ドアだから。
このドアに合う蝶番ってあるのかな。

にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
 
 

光を味方にできたら

靴ができたので、とりあえず黒アリスの写真をとりました。
天気はよかったのですが、いまいちな写真。

黒アリ

部屋の中だと、光の関係で撮れる時間と場所が限られるので、などと言い訳などしてみます。

黒蟻?

なかなか実物どおりの色になりません。
襟元がさびしいので、ネックレスでも作ろうかと思ったのですが、ドレスに鍵をつけてみました。
アリスといえば、鍵ですよね。

鍵

ついでに、鳥かごもデコってみました。
近頃流行りの金古美ではなく、銀です。
もともと、ゴールドよりシルバーが好き。

鳥かごをデコ

にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
 
 

トカゲライン

爬虫類が苦手な方にはごめんなさい。
リアル爬虫類を飼ったことはないのですが、爬虫類の中では蜥蜴が一番好きです。
そんなわけで、蜥蜴の形のブローチを持っています。
右がものすごく昔買ったもので、左はわりと最近買ったもの。

とかげのぶろーち

頭からしっぽまでのラインが同じ形をしています。
蜥蜴の一番可愛く見えるラインというのがあるとでもいうのでしょうか。
確かに魅惑的です。共感は得られそうにありませんが。
それにしても、蜥蜴とか蜘蛛とか蝙蝠とか、あいつらなんで虫でもないのに虫偏なんですか。

にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
 
 

とってもダンディよ

すでにお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、実は秘かに何気に建物フェチだったりするかもしれません。
「とってもダンディよ」は深夜ドラマに登場する謎のマダムの殺し文句です。
ダンディな商品を扱うマダム・Mが店を構えるのがあの有名な銀座のレトロビルです。
手動扉のあるエレヴェーターが、とっても素敵よ。

奥野ビル

扉の上の階数表示板。

目盛り

外見はこんな感じです。
正面の丸い窓が特徴的。

奥野ビル

エレヴェーターだけでなく階段も、とってもお洒落よ。

奥野ビル

1932年築のこの建物は、他にもいろんなドラマに登場しています。

ところで、今期このドラマを含め3つのドラマが気に入っているのですが、その3つ全てに滝藤賢一さんが出ています。
もしかして、私、滝藤さんのファンだったのでしょうか?
でも、3つとも違うキャラででてくるっていうのが役者さんって、やっぱりすごいですね。
そのうち、2つかぶってる遠藤憲一さんは…もう全てあのままでいいです。(ゲームのCM含め)

にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
 
 

まつげ貼り貼り

髪貼りより苦手かもしれないまつげ貼り。
くるくるヘアだとまつ毛に髪がひっかかりやすいです。

ほんとうは怖いバラバラ写真

実は胴体の脇に首をころがしたこわーい画像です。

にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
 
 

靴下つくりました

アリスなので縞々ソックス、ではなくて、衣装にあわせてレーシーな感じの靴下にしました。
はたして衣装にあっているかは甚だ疑問ですが。

くつした

そして、靴を作り始めているのですが、土台の粘土が渇くのを待っています。
靴はやっぱりストラップシューズかな。

首分離中

靴を作るためにばらしているので、実は首と胴体ははずれています。
なんだか地味顔に見えるのはまだまつげをつけていないからかも。

にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
 
 

アリスといえば

とりあえず、服は完成。細かい装飾はまだするかもしれませんが。
本当はレースでエプロンドレス作るつもりだったのですが、アリスだからとエプロンというのはありきたりすぎると少し変えてみたら、よけいありきたりになってしまいました。
やはり、アリスといえば、水色のドレスにエプロンなのですね。
ドレスが黒のせいか、ビクトリアンというより、ゴシック寄りになってしまった気が。

黒アリドレス

あれ?でも、ゴシック・ファッションってゴシック時代のファッションじゃなくて、ゴシック・ロマン花盛りのビクトリア時代のファッションのことですよね。
だったら、いいのかな。いずれにしろ、アリスっぽくないのかもしれませんが。

黒アリス

まだ靴ができていません。
あ、まつ毛もつけないと。

にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
 
 

太陽をつかまえて

サンキャッチャーというそうです。
以前、手芸品店で何気なく見つけて買っていたガラス球を鳥かごに入れてみました。

窓辺に鳥かご

スワロではないみたいですが、重量があるのでガラスなのは間違いないようです。
窓辺に鳥かごというだけで絵になるはずなのに、なにしろロケーションが悪すぎ。
窓から見える景色もアレなら、カーテンもなんだかな。

鳥かごとガラス球

風水とかよくわからないですが、撮影とかの小物に使えるといいな。
サテンのリボンだとおしゃれすぎるので、フレンチリボンもどきを使いました。
光を通しているので黒っぽく映っていますが、実物は生成り色です。

にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
 
 

くるみボタン作りが楽しい

くるみボタンのキットを増税前に全種類買ってみたのですが、黒アリスの衣装用に一番小さい12ミリで作りました。

くるみボタン

袖口の見えないところに使っているのですが、黒地に黒のボタンが可愛いので、見える部分にも使いたくなります。

きっとだよ

上の二つはくるみボタンを作る道具で、黒いのが完成品、材料になるのが右の銀色の二つです。
くるみボタンのいいところは、服と同じ生地で作れるので、合わせるボタンが見つからなくても心配いらないことです。
逆に、まったく違う生地で作っても面白いです。無地の服に敢えて柄物のボタンとか。
意外と難しいボタン選び。
ボタンで服の印象ががらりと変わったりもします。

にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
 
 

1/3

いつの間にか一年の三分の一が過ぎてしまいました。はやっ。
衣装づくりの方は順調に進んでいます。と思います。
フリルにギャザーを寄せたり、縫い目にアイロンかけたりと、地道な作業が続きます。
ぱんつはできています。
アリスはビクトリアンな少女なので、ぱんつはもちろん白です。根拠はありませんが。

かぼちゃぱんつ

そして、もちろん、かぼちゃぱんつです。
装飾の少ないシンプルな形にしました。
前後がわかるように、レースのモチーフを二重にしてつけています。

にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
 
 

裁断

衣装作り始めました。
まずは型紙にあわせて布の裁断です。

裁断

上身頃は5つのパーツ、スカート部分は3つに分けました。
フリルをつけるので、仮縫いの時と縫う順番が違います。まるでパズルのよう。
フリルがたくさんなので、縫う距離が長いです。
ミシンがあって、本当によかったです。

にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村