なんとなくハムレッとる

今まで何回かにわけて書き散らかしてきた独断と偏見だらけのハムレット考ですが、今回でえーと、何回目だったっけ、って、そんなことはどーでもいいです。たいしたことは書いていないので。
大雑把にまとめると、ハムレットってめちゃくちゃ面倒くさい男よねーとか、ロズギルってなんだか気の毒とか、ホレイシオってハムレットが好きすぎるとか、そんなどーでもいいこととか、さらにどうでもいいハムレットの年齢設定から映画化されている数ではロミジュリに負けていることや、翻訳者たちが敢えて避けてきた「生きるべきか死ぬべきか」という訳のことや、ロシアの現代版ハムレットは主役より亡霊や劇中劇の王様役がかっこよかったとか、全然まとまっていませんけれど、まあそんなところです。

さて、シェイクスピアのハムレットのモデルは北欧の伝承物語サガに登場するアムレードであるということはどこかで書きましたが、ハムレットは世界中で翻訳されていて、北欧、つまりデンマーク、ノルウェイ、スウェーデン、フィンランドの四か国では名前がそのまま“Hamlet”となっています。もともと北欧のお話ということは素知らぬ顔。その他の西欧の国々でも、ほぼその表記が採用されているみたいです。
が、しかし、ギリシア語ではなぜか“Άμλετ”、イタリア語では“Amleto”、「h」はいったいどこへ行ってしまったのでしょう。もしかして、これが先祖がえり?なわけないか。ちなみに、フランス語では“Hamlet”ですが、発音すると「h」がどこかに行ってしまいます。「t」もね。
そして、キリル文字を使う国の多くは“Гамлет”、国によって若干スペルが違うこともありますが、「г」はラテン文字の「g」にあたります。こうなると、「h」はどこへ行ってしまったの、どころの騒ぎではありませんし、誰も騒いでいないし。
同じキリル文字を使う国でも、東欧のブルガリア語やセルビア語では“Хамлет”、「х」はラテン文字の「h」なので、めでたく「ハムレット」復活、というよりは、ロシアをはじめとするスラブ語圏の国々で「h」を「г」に書き換えてしまったんですね。見た目が似ているからではなく、発音の問題らしいです。そのあたりは、ロシア語をやっていれば習うことなのですが、日本人の感覚としては「h」が「g」になるなんて、どうにも納得できません。
ということで、相変わらず、どうでもいいことを書いていますが、ネットでいろいろ調べていたらハムレットの名前の表記が国によって違っているのが面白かったという、それだけの話です。

そういえば、何かのインタビューだかで、蜷川幸雄さんがシェイクスピアの「ハムレット」とカミュの「カリギュラ」は似ているとおっしゃっていたのを読んだことがありますが、確かにそうかもしれません。
ハムレットにしてもカリギュラにしても、狂気を装う、もしくは演じているうちに一線を越えてしまっているわけで、しかも、当人たちはそれに気づいていない節があります。
ハムレットの場合、父親の復讐という大義名分があったから「悪」とはみなされていないものの、巻き込まれる周囲はたまったものではありません。
一方のカリギュラはというと、最初から一線を越えていたと言えなくもありませんが、いやらしいまでに理性的で論理的で、しかも、自らを「悪」と認めるような台詞もあって、だからこそ始末に負えないし、やはり周りはたまったものではありません。
ただ、カリギュラの場合は自分の最期を見越してもいたし、実際のところ、暗殺の首謀者ケレアに自分を殺すようそそのかすようなこともしていたので、周りを巻き込んで自滅していっても、不思議と悲劇とは思えないところがあります。むしろ清々しささえ感じます。はた迷惑な人であることには変わりありませんが。
ハムレットの方は、「世に並びなき英主ともなられた王子」と嘱望されていただけに、なにかやり切れない気がします。
でも、ハムレットが優れた王子というのは他の登場人物の台詞にあるだけで、舞台の上ではくよくよ悩んでいたり、奇行ばかりで、あまり伝わらないんですよね。父王が亡くなる前は素晴らしい王子様だったのでしょうけれど、オフィーリアに対するハムレットの態度は、まるで女の敵そのもの。上の「世に並びなき~」というのも、ハムレットとはほとんど面識のないノルウェイの王子のセリフで、ハムレット亡きあとのデンマークを引き継ぐ人物なので、リップサーヴィスと受け取れないこともないですし。というか、そもそもこの二人が互いに評価し合っていることが謎。もしかしたら、王子様同士、通じるものがあったのかも。

ということで、長々と書いてしまいましたが、ハムレットと言えば「髑髏」
なぜ髑髏なのかは、ハムレットを読んでみましょう。
ちょっとホラーな画像になっています。
なかなかリアルになりません。磨いて色をつければ、それっぽくなるでしょうか。

ヨーリク

にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
 
 

夏の終わりといえば

どーんどんどん

毎年恒例になっている某所の花火大会。これを見ると夏も終わりというのを毎年感じていましたが、今年は花火が夏の終わりを連れてくる前に夏が終わっていました。
とはいえ、例年9月でも暑い日があるので油断できません。

さて、今年の目玉は。

ひまわり

ひまわり。花と葉っぱと茎のタイミングがぴったり。お見事という他ありません。

どーーん

これも好き。

・・・

そして、こうなります。

ぱっ

花火って、ぱっと消えるのが物悲しいけど、潔いですね。

どんどんどん

六花

しゃわっ

しゃわわっ

一番好きなのは、大会の終わりにやけっぱちのように連続して打ち上げるスターマインですが、上手に撮れたためしがありません。

ぼやっ

こちらは失敗した画像。でも、色が綺麗なので、載せてみました。

加工してみた

調子に乗って加工してみました。でも、偶然の産物にはかないませんか。

にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
 
 

椅子を作ってみた

椅子です。人形用です。

いす

中身は発泡スチロールとか綿とかその他で、外は布です。
作ってから、角を丸くした方がよかったのではないかと気づき、次があるならそれを踏まえて改良しようと考えた次第です。
一番苦労したのは綿の入れる量。座面と肘掛の部分は綿の量を変えてあります。本当は発泡スチロールを四角に切るのもちょっと大変でした。
椅子を作ったからには座らせたいので、座らせてみました。

いすにかける

今回のテーマ。かっこよく座らせる、もしくは、偉そうに座らせる、です。
座っているのは、まだ制作中の男の子で、今のところ名前は、γ(ガンマ)もしくはε(イプシロン)です。でも、気分で変わるかもしれません。性別は変わりません。たぶん。

椅子に賭ける?

少し、ポーズを変えてみました。
黒い衣装なのに黒い椅子では何が何だかわかりませんね。

椅子に×

正面からだと、偉そう度が増す気がしますが、どうでしょう。

にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
 
 

アクセサリーを作ってみた

久しぶりの更新です。
ずっとさぼってしまったので、7月は広告が出っぱなしだったようです。
十字架があったので、人形用にロザリオを作ってみました。

えせロザリオ

でも、珠が大きいため数珠の数を変えたので、実際にはロザリオではなく、のようなものです。
ところで、十字架の裏に何か書いてあるので拡大してみたら、“Спаси и Сохрани ”と書いてあるではありませんか。

спаси и сохрани

やばい、気づかなかったことにしておこう。
でも、和洋折衷みたいななもので、ありかも。
一番ヤバいのは、どこで買ったのかを覚えていないということより、買ったことを忘れていることなんですが。
ちなみに、“Спаси и Сохрани ”はお祈りの言葉で、「救い護りたまえ」とかそんな意味だとか。
СはSにも見えますね。確かに、発音は同じ「エス」ですし。
なるほど、「S」の文字はこうやって誕生したのですね。って、違うか。

にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村