あめいじんぐなめいじこうげい

先日、上野に「驚きの明治工藝」見に行きました。

DSC_1132b2.jpg

いきなり長さ3メートルの自在龍が出迎えてくれます。壁や天井に映し出された影も美しかったです。

IMG_8301b2.jpg

こちらは高さ30センチながら精巧な螺鈿と蒔絵の施された硯屏。

IMG_8342b2.jpg

硯屏風とは埃や塵をよけるために硯のそばに立てておくためのものだそうです。
伝達手段が紙に書くことだった時代、硯屏や硯箱の装飾が発達したのは、現代のスマホケースなどのスマホ周辺の装飾が多様化しているのに似ている気がします。
こんなスマホケースがあったら欲しい、けれど、きっと高価すぎて買えません。

IMG_8303b2.jpg

IMG_8317b2.jpg

IMG_8310b2.jpg

IMG_8318b2.jpg

IMG_8320b2.jpg

鳥、鳥、鳥。鳳凰の下絵図も展示されていました。

IMG_8331b2.jpg

鵞鳥と瓢箪の組み合わせで、「鵞瓢」だそうです。細工物の技術がすばらしいのはもちろん、明治の方々の洒落のセンスや洒脱な精神にも脱帽。

IMG_8314b2.jpg

IMG_8325b2.jpg

IMG_8329b2.jpg

IMG_8330b2.jpg

IMG_8332b2.jpg

IMG_8324b2.jpg

IMG_8336b2.jpg

IMG_8340b2.jpg

IMG_8346b2.jpg

IMG_8350b2.jpg

IMG_8354b2.jpg

IMG_8355b2.jpg

この日、松涛美術館の「月─夜を彩る清けき光」も見に行きまして、古くは鎌倉時代から大正期までの月にまつわる絵画や工芸品の数々を見てきました。

DSC_1133b2.jpg

松涛美術館は建物も素敵で、金曜日には建物のガイドツアーもあるらしいので、一度参加したいと思いました。
許可を得て撮影した写真です。

DSC_1134b2.jpg

DSC_1135b2.jpg

DSC_1141b2.jpg

DSC_1142b2.jpg

DSC_1145b2.jpg

DSC_1151b2.jpg
 
 

なぜかドラゴン

ブログがすっかりおろそかになっているので、今作っているドラゴンの軌跡を記したいと思います。

IMG_0057b2.jpg

どうしてドラゴンを作ろうと思ったのか、きっかけは忘れてしまいましたが、最初はこんな感じです。

IMG_0061b2.jpg

せっかくなので、もう一匹くらい作りたい。

IMG_0069b2.jpg

急きょ、眠り目に。

IMG_0073b2.jpg

朝のドラゴン。略して「朝ドラ」

IMG_0074b2.jpg

あひるとドラゴン。略して「ひるドラ」

IMG_0078b2.jpg

現在、おうごんのドラゴン。略して「ごんどら」
金色は下地なので、まだまだ変化します。
 
 

9月の記憶

うっかりしていたら10月もかなり過ぎてしまっていて、9月はすでに遠いかなたなので、備忘録がわりに書いておきます。

9月4日に六本木ストライプスペース、Doll’s showに行きました。素晴らしいお人形に囲まれて、至福の時を過ごしたのでありました。
中は撮影禁止なので、お約束の入り口写真。

DSC_0054b2.jpg

その後、森美術館に行ったのですが、すごい行列ができていたので、「宇宙と芸術展」を見るのは断念して毛利庭園に行くも、あまりの暑さに建物の中に避難しましたとさ。

DSC_0061b2.jpg

実は森美術館の行列が別の展示のものと判明。あらめて9月11日に六本木に。「Doll’s show」の最終日にふたたびお邪魔して、その後、「宇宙と芸術展」へ。

DSC_0944b2.jpg

流星刀。隕鉄で作られた刀です。どうしても森雅裕の「流星刀の女たち」を思い出してしまいます。

DSC_0951b2.jpg

セクシーロボット。ロボットがセクシーである必要性がいまいちわからないのですが、手の先、ヒールをはいた足までセクシーでした。

DSC_0953b2.jpg

DSC_0954b2.jpg

他にもチームラボの映像作品は鳥肌ものでした。

DSC_0956b2.jpg

入り口に展示されていたはやぶさの1/2の模型。
櫃栄禁止だったので画像はありませんが、天球儀がかっこよかったので、天球儀か流星刀のレプリカがショップにあったら散財していたかもしれません。

9月18国立博物館と西洋美術館に行ってきました。どちらも常設展のみ。

DSC_0979b2.jpg

国立博物館の本館の自在置物たち。

DSC_0958b2.jpg

DSC_0960b2.jpg

DSC_0965b2.jpg

平成館の国宝級のイケメン。教科書なんかで一度は目にしたことがあるはず。

DSC_0969b2.jpg

IMG_0033b2.jpg

DSC_0971b2.jpg

DSC_0968b2.jpg

ガイドツアーに参加したり、銅鐸のレプリカを鳴らしてみたりたいへん楽しゅうございました。

DSC_0973b2.jpg

無条件で鳥に目が行ってしまします。

DSC_0975b2.jpg

DSC_0976b2.jpg

渡辺省亭の花鳥画。やっぱり鳥が好き。

IMG_0032b2.jpg

西洋美術館は世界遺産に登録されるという建物を見てきました。極限まで壁を排した設計と、唐突に現れる階段がとてもいい。

DSC_0981b2.jpg

DSC_0980b2.jpg

9月19日、二子玉川の「KENZAN」見てきました。

DSC_1010b2.jpg

若手アーチストの意欲作が集結。

DSC_0984b2.jpg

わたくし、無条件に鳥に目が行ってしまうもので、ふくろうとかも大好き。
画像ではわかりにくいですが、表面は漆が施されていまして、角度によっていろいろな色が浮かび上がります。

DSC_0998b2.jpg

DSC_0987b2.jpg

DSC_0989b2.jpg

いろんな画材、表現方法の作品が展示されていたのですが、なんとなく日本の伝統を汲んだ作品に惹かれてしまうのは何故でしょう。

DSC_1000b2.jpg

DSC_1001b2.jpg

上の2点も日本画の顔彩にものすごく細い筆を使って細かく書き込んだ作品です。

その後、 丸善の「みそろぎ展」。国内外のアーチストのバラエティに富んだ作品を見てきました。

DSC_1012b2.jpg

ところで、二子玉川ライズの屋上にはこんな庭園が。

DSC_0076b2.jpg

屋上なのにせせらぎが。

9月30日、丸善に「人・形 展」見に行きました。
おなじみの作家さんから公募の作家さんまで、密度の濃い展示でした。