スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

誰ですか赤の広場に変なもの建てたのは

赤の広場に建っている変なものと言えば、たまねぎのいっぱいついた寺院とか処刑場とかレーニンの死体の安置場とかあるわけですが、あ、あとクレムリンとか。最近騒がれているのがヴィトンの巨大なスーツケース。
そもそもモスクワっ子はペテルブルクっ子に比べて景観にこだわらなそうなので、ヴィトンのひとつやふたつ、と思っていたのですが、写真を見たら撤去された理由がわかりました。
ひとことで言うなら、邪魔。世界遺産だからどうのこうのという前に、とにかく邪魔。
赤の広場は世界遺産ではあるけど、冬にはスケートリンクを設置したり、ロック・コンサートのステージを設置したりするわけで、ヴィトンだからというわけではなくて、大きすぎるのがよくないんだと思います。
だいたい、ロシア人って外国への憧れが強いみたいで、特にアメリカが好きみたい。
冷戦時代も「べっ、別にアメリカなんか好きじゃないんだからねっ」などと言いつつ、マクドナルド一号店ができた時も長蛇の列ができて、「みっ、みんなが並んでるから並んでるだけだからねっ」と言いながら2時間も並んでいたそうです。どれだけアメリカが好きなんですか。
でも、撤去された後のモノグラムのスーツケース、どうなるのでしょうか。
ちなみに高さ約9メートル、幅約30メートルだそうです。
確かにうちの庭にあったら邪魔ですね。庭、ないですが。

来年が午年だからというわけでもないのですが、ペーパークラフトでメリーゴーラウンドを作ったということは以前ブログでも紹介していて、その時に一緒に作ったのがこちらです。

たまねぎあたまのあれ

赤の広場の有名なたまねぎです。

こっちが本物

こちらが本物です。
少し角度が違うので、左側のたまねぎのない塔が見えません。
実はペーパークラフトの方、説明通りに作ったのですが、本物と決定的な違いがあります。
ペーパークラフトだから壁の模様が簡略化されていたり、ロシア正教は八端十字架のはずなのに普通の十字架だったり、階段が書いてあるだけということはありますけど、一番の違いは十字架の向き。
実物の画像は十字架が横を向いてます。というか、クレムリンの方を向いています。

にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://inkodoll.blog.fc2.com/tb.php/177-4d47a955

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。