どちらかといえば猫派です

「猫侍」が映画になるそうです。
映画になるほどドラマがヒットしていたのかどうかは知りませんが、再放送見てます。
正統派の時代劇っぽく撮っているのに、あの緩さがたまりません。猫可愛いし、猫に振り回される強面のお侍さんも可愛いし。
第一話は見そびれました。レンタル始まったようだし、借りるべきか。
今期、はまってるドラマは「猫侍」と「裁判長!おなか空きました!」で、どちらも今期というのは微妙ですが、どちらも録画で見ています。
録画でないと見られない時間にやっているからですが。
「猫侍」は平日の昼間で、「裁判長!」にいたっては、いつやっているのかよくわかりません。とりあえず、真夜中にやっているのは間違いないようです。
ちなみに、「裁判長!」で検察官を演じている俳優さんが「猫侍」の劇場版にも出るみたいですが、その俳優さんが出ているので両方見ているわけではありません。
でも、その検察官の役で好感度が上がったのは確かです。
本来、リーガル系のドラマは弁護士役を引き立てるために検察官が嫌な奴のことが多いですが、このドラマの検察官も例外ではありません。
一般人が持つ弁護士という職業への憧れと妬みと偏見を具現化するように弁護士が変な奴のことも多いです。
それにしても、無条件で可愛い猫ってずるいです。
そういえば、アリスのキャラクター、次に作るのはハートの女王にしようかなんて考えていましたが、チシャ猫というのもありですね。
ちょうど猫の衣装に合いそうな生地があるし。
アリスのシリーズはまだまだ続きそうです。
和物なるか洋物になるかはさだかではありませんが。
いっそ、和洋折衷!
あ、それもうやりましたね。

猫じゃなくて兎ですが

猫じゃなくてうさぎです。

にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://inkodoll.blog.fc2.com/tb.php/198-9ca6ad26