モスクワ国際展覧会「人形芸術」その2

モスクワ人形展のレポート、続きです。

IMG_2021-b.jpg

IMG_2022-b.jpg

まるで舞台に立つ役者さんのよう。衣装が素晴らしいです。

IMG_1922-b.jpg

IMG_1921-b.jpg

窓から人形がのぞいています。人形も窓枠もフェルト製。

IMG_1949-b.jpg

よく見るとスカートにも人形がたくさん。

IMG_2039-b.jpg

IMG_1952-b.jpg

IMG_1956-b.jpg

IMG_1955-b.jpg

新聞紙のような服。

IMG_1954-b.jpg

民族衣装を着た可愛い人形です。

IMG_2035-b.jpg

不思議な感じのする白くて静かな人形たち。

IMG_2032-b.jpgIMG_2033-b.jpg

IMG_1961-b.jpg

馬のあやつりり人形です。

ここからは別のゾーンになります。

IMG_1963-b.jpg

ロシアでもシルバニアファミリーは人気。

1965.jpg

ペーパークラフトのドールハウスです。

IMG_1969-b.jpg

ボタンやテディベア用の目玉を売っていました。

IMG_1972-b.jpg

まつ毛つきの目玉を売っています。非常にシュール。しかも、まつ毛長い。
他にも人形に使えそうな豆本や小物を売っているブースがありました。

IMG_1974-b.jpg

あやつりワンコの実演。

IMG_2011-b.jpg

IMG_1986-b.jpg

フランス、ドイツ、オーストリア、イタリア、チェコなどからも参加されていました。

IMG_1987-b.jpg

日本の作家さんのブースです。

IMG_1993-b.jpg

こちらでも日本の作家さんの人形が紹介されていました。出展しているのはロシアのギャラリーのようです。

IMG_2001-b.jpg

IMG_1999-b.jpg

IMG_2002-b.jpg

IMG_2004-b.jpg

IMG_2046-b.jpg

出入り口付近に、観光地でよく見かける例のものが。段ボール製です。
馬の脚が8本に見えるのですが、いいのでしょうか。

IMG_2048-b.jpg

こちらは怪鳥?それからロケット。
ロシアの絵本に描かれているような絵柄です。

IMG_2047-b.jpg

ボタン

木のボタンを買いました。

レールモントフ

豆本です。レールモントフの「デーモン」

レールモントフと1ルーブル

1ルーブルを並べてみました。1ルーブルは日本円の1円とほぼ同じくらいの大きさです。

英/露

英語とロシア語の対訳です。本の小口はマーブル模様になっています。

ドストエフスキー「白夜」

こちらはドストエフスキーの「白夜」

ドストエフスキー 挿絵

中の挿絵も綺麗です。

それにしても、ロシアは広いです。
ここでは紹介しきれないくらいたくさんの人形が展示されていました。
写真がボケてしまって紹介できない人形もあります。
伝統的な人形から個性的な人形、芸術的な人形と、さまざま。
会場は広かったんですが、通路を広くとっていたので、ゆっくり見られました。
ただ、「国際」と銘打っているわりには、ロシア以外の人形は少なかった気がします。

にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://inkodoll.blog.fc2.com/tb.php/21-02438cf5