弘法は筆を選ばないらしいですが

眉やまつ毛などの細い線を書くための筆は選んだ方がいいと思います。
油彩用の細い筆や形状記憶の筆など使ってみて、たどりついたのが細書き用の面相筆です。
いろいろ試して、実はなぜか家にあった道具箱の筆が一番使いやすかったというオチです。
ところが、水性ニスを使った時に手入れをちゃんとしなかったために穂先がぼろぼろに。
そしたら、たまたまデパートの催事場に熊野筆のコーナーがあって、メインはお化粧用の筆だったのですが、すみっこの方に書道用の筆もおいてあって、そこで見つけたのが下の筆です。

弘法じゃないので筆を選ぶ

上のは細い線は描けなくなってしまったものの、水性ニスを塗るのに活躍しています。
ということで、眉とまつ毛を書きました。

眉とまつ毛

がんばって細い線を書いたつもりですが、アップにするとあらが目立ちますね。
まぶたの裏に粘膜っぽさを出すために水性ニスを塗っているのですが、ガラスについてしまったので、きれいに取り除かないと。
ちなみに16ミリのグラスアイです。そこから実際の大きさを推測してみてください。

にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://inkodoll.blog.fc2.com/tb.php/223-25e0be3b