人形が登場する物語。

古今東西、人形の出てくる話はたくさんあります。
でも、どういうわけか映像作品に登場する場合、ホラー風の演出として使われることが多いようなので、ホラーではない人形のでてくるお話をいくつか思いつくまま書いてみます。

「人形の家」
言わずと知れたイプセンの戯曲、ではなくて、ゴッデン作の児童文学です。
人形の家は文字通りドールハウスで、そこで暮らす人形たちの物語ですが、読んだのがずいぶん前で内容はほとんど覚えていません。
それでも、右往左往する人形たちがなんだか可哀想で、子供心に納得がいかなかったことを覚えています。

「くるみ割り人形」
クリスマスには欠かせないチャイコフスキーのバレエ。
呪いをかけられてくるみ割り人形に変えられていた王子様がネズミと戦います。
お菓子の国はやっぱり憧れます。

「うるわしのワシリーサ」
ロシア民話。継母や連れ子の姉たちにいじめられているワシリーサが母の形見の人形の助けでさまざまな困難を乗り越えていくというロシア版シンデレラです。
でも、おとぎ話にありがちなちょっと残酷な場面も。

「安孫子武丸の人形シリーズ」
腹話術の人形にして名探偵の鞠夫が登場するミステリー。
2作目の「人形は遠足で推理する」が一番好きです。バスジャックがメインなので、謎解き部分は少し弱いかもしれませんが、緊張感とほどほどの笑いが絶妙。
「殺戮にいたる病」の作者だけあって、本当は怖い話なのに人形が能天気っぽいのでホラーにならずに済んでいます。
腹話術師の意に反して人形が喋る時点でホラー以外の何ものでもないわけですが。

あとは、人形が動いたり喋ったりするわけではありませんが(というか、それが普通)、「小公女」に登場する人形も印象的です。

ワシリーサ

にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
 
 

コメント

こんにちは。またお邪魔します。
Василиса Прикрасная、大好きなスカースカのひとつです。私が初めて読んだのは小学生の時ですが、それがダイジェスト版というか、「意地悪な継母や姉たちはドクロの火で焼き殺されました、めでたしめでたし(?)」で終わっていたため、余計に印象がキョーレツでした。その後、ワシリーサが王様のお后になるところまで話が続いていると知ったのは、だいぶ後になってからです。

ところで、いんこさんはロシア民話を題材にした人形は作られないのかなと思ったら、HPの方にワシリーサの人形が出ていましたね。しっかり伝統的なサラファンを着ていてステキでした。
実は私には、モスクワのイズマイロヴォのお土産市で一目ぼれして買った、ガリーナさんという作家さんのお人形があります。襟に毛皮のついたロシア風のドレスを着て、長い長い三つ編みを垂らした、緑の瞳のкрасавицаです。15年ぐらい前のモスクワで60ドルというのは結構なお値段でしたが、その辺のお土産店で売ってる人形とは段違いの美しさで、今でも大事にしています。

いんこさんも、今はアリスシリーズ中心のようですが、気が向いたらまたロシア民話を題材にしたお人形も作ってくださいね。その時はぜひ、三つ編みで^^

AngieBXLさん

ご来訪ありがとうございます。
髑髏の火で焼き殺されるだけでもショッキングなのに、それで「めでたしめでたし」では、トラウマになりそうですね。

ロシアの民族衣装の人形は一度作ってみたかったのですが、実際にやってみると、生半可な知識ではなんちゃって民族衣装にしかならないと思い知りました。
生地を選ぶ時点で間違えてますし。
でも、わかりにくいですが、後ろはちゃんと三つ編みです。
イズマイロヴォの市場でお土産用の民族衣装が売られていたので、思わず買ってしまいそうになりましたよ。
あそこ、今はアミューズメント・スペースみたいになっているんですね。
天気が悪かったので、奥までは行かずに帰ってしまいましたが。

15年前のモスクワで60ドルって、なんとなくわかります。
一昨年、十数年ぶりでロシアに行ったら、物価がすごいことになっていて驚きました。
AngieBXLさんの大切にしているお人形、見てみたいです。

うちのкрасавицаの写真です^^

http://blog-imgs-63.fc2.com/a/n/g/angiebxl/rus-doll.jpg

背景がゴチャゴチャしているので、ボカシかけさせていただきました。

モスクワはいまや、世界一物価の高い都市になっているようですね。滞在費用もすごく高くなって、もう以前のように気軽には行けなくなっちゃいました…。

お写真、ありがとうございます!
本当に美人さんですね。
ロシアの方って、すごくきれいな方が多いから、人形も自然にみんな美人になるんだろうなと思います。
衣装のセンスもすごくいいんですよね。

モスクワの物価、生活必需品とか食材、メトロの運賃などは東京に比べて安いと思うんですよね。
昔を知っていると、どうしても比べてしまいますけれど。
でも、海外からの旅行者が行くようなところはやはりそれなりに高かったです。

気取った横文字と言えば、自分のブログのタイトルがそうでした…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://inkodoll.blog.fc2.com/tb.php/245-ac86b2a8