人は何故自分の似姿を造りたがるのか。

今から10年前、東京都現代美術館で吉田先生の作品が展示されるイベントがありました。
押井守監督の映画「イノセンス」の公開に合わせての展示会でした。
なぜ、今さらこんなことを書いているかというと、川井憲次さんが来年の大河ドラマの音楽を担当されることになったというのを聞いたからです。
東京都現代美術館の人形展示会場の一角で「イノセンス」の映像が流れ、映画で使われた曲「follow me(アランフェス協奏曲第二楽章)」がずっとかかっていました。
ちなみに、天野可淡さんの作品も数点展示されていました。
その時のキャッチ・コピーが、「人は何故自分の似姿を造りたがるのか。」

イノセンス

川井憲次さんという方はアニメの音楽では有名だそうですが、残念ながら他には「スカイクロラ」くらいしか知りません。
「スカイクロラ」は原作のファンなので、シリーズ全部読んでいるはず。
タイトルと内容がいまいち頭の中で合わないので、定かではありませんが。
他の人気シリーズと違って、余計な説明を一切省いたタイトな文章が特徴ですが、映画の方は映像でやや饒舌になっているかもしれません。
もちろん、それが悪いわけではありません。
そして、美しい映像に合わせてなんとも切ないメロディが流れるのです。
最近のでは、先月まで放映していた刑事ドラマが川井憲次さんの音楽でした。
映像と音楽があっていて、鳥肌ものでした。ラストが衝撃的すぎたのもあって。
そうそう、「塚原卜伝」も川井さんなのですが、どんな曲か思い出そうとすると「パイレーツ・オブ・カリビアン」のテーマ曲と混ざります。

にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://inkodoll.blog.fc2.com/tb.php/248-2e5552a2