スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

勝手に時代劇ウィーク

「猫侍 劇場版」のDVDを借りたので、ついでにこの機会に苦手な日本史を克服すべく時代劇のDVDをまとめて借りてきました。
そんなんで本当に日本史が得意になれればいいのですが、日本史の知識はなにしろ大化の改新のあたりで止まったままです。
教科書に載っていた蘇我入鹿の首が飛んでいく絵はなかなかのトラウマですし、微妙に壬申の乱とごっちゃになったり。
たぶん、かかわる人物の名前が似通ってるからじゃないかと自己分析。しかも、それぞれの事件の関係者、天智天皇と天武天皇は額田王を巡って争ったりもしてたり。もっとも、宴席での戯れ歌というのが定説になりつつありますが。
でも、時代劇は結局歴史劇とは非なるもの。
そんなことは観る前からわかってました。
だって、時代劇なのに原作が芥川龍之介だったり坂口安吾だったりシェイクスピア。
というわけで、ことさら日本史の知識が増えたわけではありませんが、衣装や殺陣のシーンがかっこいいと思うのはやはり日本人だからでしょうか。

だいふく

時代劇にはやはり和菓子ですね。

にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://inkodoll.blog.fc2.com/tb.php/253-8c37fb75

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。