怪奇な現象

─明日が皆既月蝕の夜かい。
─そうさ。
─じゃあ地球に食われちまうのか。
─いいや、明日になったらまた鏡の海を越えて向こうへ行くだけさ。鏡の海の果ては、行く先々で千夜一夜だ。
(野田秀樹「少年狩り」より)

昨日は皆既月食でした。
途中で月が雲の中に入ってしまったので見るのを諦めてしまったら、その後雲の晴れ間から見事な月食が見えたそうです。諦めるのが少し早すぎました。

月食

そういえば、月が好きだと思いだした秋の夜。
実際に見る月も好きですが、月の出てくる物語も好きです。
皆既月食で思い出すのが前述の「少年狩り」です。
バカバカしさにコーティングされて、いくつかのハードな悲劇をはらんでいます。
そのうちのひとつ、子供たちが巻き込まれた悲劇のことは小学校の先生にたびたび聞かされていました。だから、なおさら真に迫るものがあったのかもしれません。
初心に帰って、月明かりの似合う人形が作りたくなりました。
月が地球に侵食されるこんな満月の夜は狼男が中途半端に変身して涙目になっていたりするのでしょうか。

にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://inkodoll.blog.fc2.com/tb.php/268-6a0f0829