第5週に手をつくる

眠られぬ目をその鸚鵡に凝らすうちに、鸚鵡の翼の繊細な彫り目までが浮き出て来て、その煙るような青の裡に透明な光がこもり、鸚鵡がそのまま幽かな輪郭だけを残して、融けかけているような異象におどろいた。そして知ったのは、窓の帷のはずれからたまたま月の光が玉の鸚鵡にだけ注いでいることである。彼は帷を乱暴にひらいた。月は中天にあり、月かげはベッドの上いちめんにひろがった。
(三島由紀夫「春の雪」より)

月が描かれている物語の6回目は三島由紀夫の作品を取り上げてみたわけですが、「春の雪」は「豊饒の海」という四部作の第一作にあたります。
続く場面に四部作全体を通して重要な意味を持つ描写があるのですが、それを書くためにわざわざ月を用意したのだとわかります。
なんという緻密さ、さすがは三島由紀夫です。
よく、三島由紀夫の文章は格調高く音楽的と言われるようですが、実際に声に出して読んでみると。
ねむらるぬめ…ねむられねめ…ねむれら…あれっ?
気を取り直して、四部作の中で一番好きなのは最後の「天人五衰」です。
でも、四部作の中で一番知られているのは「春の雪」だと思います。映画化もされているし、連作だと最初のだけ読んでみるという人もいるでしょうから。

第五週は教室がお休みになるので、その間に手でも作りましょう。
手を作る第五週、手の五週、天人五衰…うわー、すげー無理だ。ごめんなさい、と、とりあえず謝ってしまいましょう。

手を作るよ

用意するのは針金、脱脂綿、ボンド、糸、そして画像にはありませんが、もちろん粘土もです。
糸はレース糸でもいいのですが、あまったボタンつけ糸を使い切りたいので、使います。
ちなみに使ったのは白い方。黒いのはシャツのボタンが取れそうなので、付け直すついでに並べました。
で、今、こうなっています。

作りかけの手

この段階は、以前紹介した「The Poet and The Lunatics」という短編集の中の「石の指」という話を思い出してしまって、自分で作っていて怖いです。
早く形にしなくては。

にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://inkodoll.blog.fc2.com/tb.php/274-833a46e4