スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

今宵はスーパームーン

お前の心はけざやかな景色のようだ、そこに
見なれぬ仮面して仮装舞踏のかえるさを、
歌いさざめいて人ら行くが
彼らの心とてさして陽気ではないらしい。
(ポール・ヴェルレーヌ「月の光」より)

過去に7回にわたって月が印象的に描かれた物語を紹介してきましたが、ブログのタイトルがベルガマスクというだけに、ヴェルレーヌを忘れるわけにはいきません。まあ、物語というのとは違うかもしれませんが。
ドビュッシーが「ベルガマスク組曲」を作曲したのはこの詩に触発されてとも言われています。
前にも書きましたが、「ベルガマスク」というのは、ベルガモの、とか、ベルガモ風というような意味合いで、ベルガモというのはイタリアの地名、ベルガモットの由来にもなっている土地です。
16世紀から18世紀にかけてヨーロッパで大流行した仮面劇コンメディア・デッラルテが誕生したのが、だいたいそのあたりです。
なので、ヴェルレーヌの詩の中では仮面の「マスク」にひっかけて「ベルガマスク」という言葉を使っています。
ブログのタイトルがベルガマスクなのでドビュッシーが好きなのかとか、ヴェルレーヌが好きなのかとか聞かれそうですが、答えはNOです。(なぜ、英語で答えるのだろう)
単に月とか仮面が好きなだけで、アリスを好きな人が全て「不思議の国のアリス」を読んでいるわけではないのと同じです。

忘れている人も多いと思いますが、というより、知っている人がいないのではないかと思うので、ここで今までのおさらい。
第1回目、野田秀樹「少年狩り」
第2回目、稲垣足穂「一千一秒物語~月のサーカス」
第3回目、カミュ「カリギュラ」
第4回目、チェスタートン「孔雀の家」The Poet and The Lunaticsより
第5回目、森雅裕「ベートーヴェンな憂鬱症」
第6回目、三島由紀夫「春の雪」
第7回目、シェイクスピヤ「ロミオとヂュリエット」
共通点があるようなないような。
第1回目に野田さんというのもあれですが、たまたまブログを描いた日が皆既月食の夜だったからだったと思います。
その日がたまたま春で雪が降っていたら三島由紀夫だったかもしれません。
その日にたまたま皇帝が暗殺されたらカリ…きりがありませんね。

今宵の月

今日の月。

にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://inkodoll.blog.fc2.com/tb.php/308-611977ab

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。