ドストエフスキーは角部屋がお好き

昨日、ドストエフスキーが住んでいた家のことを書いたのですが、ドストエフスキー記念館に行った時にフォトセットを買っていたのを思い出して、探してみたらやはり小モルスカヤ通りの角の家は「白夜」が執筆された家でした。
一説によると、ドストエフスキーは角部屋が好きだったらしく、確かに住んでいた家の写真を見ると、同じような角度で撮られたのが多いです。

ドストハウスたち

ちなみに、一番下が「カラマーゾフの兄弟」の書かれた家で、現在は記念館になっています。その右上が「罪と罰」の書かれた家。カバーは記念館からの眺めです。

ラスコーリニコフ絡みのフォトセットもあります。

ラスコハウス

下の写真の中央に写っているのがラスコーリニコフが住んでいたといわれる家で、左は中庭から入り口を見たところです。

にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://inkodoll.blog.fc2.com/tb.php/323-c7d31264