スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

ワトソンたち

先日、映画の「シャーロック・ホームズ」(2009年)をNHK-BSでやっていたのですが、字幕だと思っていたら吹き替えというのに少し驚きました、BSなのに。
それで、しばらく観ていたら、ワトソンの声になんとなく聴き覚えが。やはり、BBCのテレビドラマ「SHERLOCK」でもワトソンの声をやっていた声優さんでした。
声優さんにはあまり詳しくないのですが、異なる設定の同じ役を違う人が演じているのを同じ人が吹き替えをしているのが全く違和感がなくて、きっと英語版の方を観ていないせいもあるのでしょうけれど。
先に字幕のものを観てしまうと、日本語の声に慣れなくて、それは日本の映画やドラマを外国の吹き替えでやっているのを観ると変な感じがしたりするのと同じで、字幕のものと吹き替えのものはやはり別物なのだと思います。
そういえば、人形劇の「シャーロック・ホームズ」でワトソンの声を演じていた声優さんが大河ドラマに初出演で話題になっていましたね。
ところで、「SHERLOCK」の最新作が今度テレビで放映されますが、あのホームズとワトソンがなんと19世紀のビクトリア時代に甦ります。え!?ビクトリア時代!?ホームズとワトソンが?
って、それは普通なのでは?

いしのはな?

「石の花」の撮影に使った石でできた花、というのは嘘で、出来合いの花に胡粉をむらに塗って油彩でむらに着色しました。

にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://inkodoll.blog.fc2.com/tb.php/365-f67b06dc

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。