Бесы

今頃になってドストエフスキーの「悪霊」読んでます。
「悪霊」は未読だったのですが、亀山先生の訳があるというので読んでみました。
亀山先生の「カラマーゾフ」は読みやすかったと評判だったそうですが、これは正直言っていろいろと微妙かも。
現代語かどうかはともかくとして、文章は平易なのかもしれないけれど、ひっかかりどころが多くすんなり頭に入ってこないというか。
まあ、亀山先生はロシア文学者ではあっても、翻訳家ではないですし。
図書館に米川正夫氏と江川卓氏の訳もあるので、そちらも読んでみようかと思います。

読書の秋
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://inkodoll.blog.fc2.com/tb.php/4-3be60f7a