日本の中のジャパン─超日本刀入門

日本を再発見というわけでもないですが、日本っぽい展示をいくつか見てきました。

DSC_1430b3.jpg

まずは、静嘉堂文庫美術館で開催されていた「超日本刀入門」

DSC_1428b3.jpg

国宝、重要文化財を含む日本刀が、年代順に並べられていて、超日本刀初心者には少し難しいような気もしましたが、その姿の美しさにはやはり惚れ惚れします。
ポスターになっているのは滝川一益が信長から拝領の太刀。他に、直江兼続に贈られた秀吉の形見の太刀もありましたが、蒔絵の鞘がとても美しいものでした。
行った日はちょうど鞘師、刀匠、研師の方々の実演があって、刀になる前の鉄の塊やこれから形になっていく鞘や室町時代の刀など持たせてもらいました。

DSC_1450b3.jpg

時節柄、和服女子や自身も日本刀を所有しているという方々の高等な質問が飛び交っていましたが、超無知な私の質問にも快く答えてくださって、すごく楽しかったです。

DSC_1449b3.jpg

DSC_1446b3.jpg

いろんなカンナが並んでいます。
鞘を磨くのは昔ながらの砥草を使っているそうです。鞘の中の構造を見せてもらったり、刀を鞘に収めた時に塵が入ってしまっても刃を傷つけない工夫についても教えてもらいました。

DSC_1437b3.jpg

鉄の塊が刀になるまでの工程。鉄はやはり重かったです。

DSC_1452b3.jpg

泥をこねたものを刃の上に載せています。この作業で波紋の模様が決まります。さすがに焼き入れなんかはここでは見せてもらえませんでした。

DSC_1440b3.jpg

DSC_1445b3.jpg

この刀も持たせてもらいました。この段階でも切かなり切れるそうなので、もうドキドキでした。

帰りに美術館の敷地内の庭園をうろついたり、近くの岡本民家園に足を延ばしたり、帰りがけに指定文化財になっている旧小坂家住宅にお邪魔してひな人形を見て庭園をさまよったり、一日ですごく日本を満喫しました。

DSC_1457b3.jpg

DSC_1462b3.jpg

DSC_1463b3.jpg

DSC_1474b3.jpg

DSC_1483b3.jpg

DSC_1481b3.jpg

DSC_1477b3.jpg

DSC_1487b3.jpg

そのぶん、よく歩いたので足が疲れました。
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://inkodoll.blog.fc2.com/tb.php/427-164e3b67