日本の中のスラブ─каваий

ロシアの雑貨を取り扱うお店が増えてきているようで、ロシアの雑貨の可愛さがクローズアップされることも多いのですが、なぜロシアの雑貨が可愛いのか。それは、ロシア人が可愛いもの好きだから。このひと言に尽きると思います。
最近のロシア関係のイベントで手に入れたもの。

IMG_1894b3.jpg

ユーラシアフェスタで購入したビリービンの絵本と切手。

IMG_1892b3.jpg

IMG_1900bb3.jpg

「イワン王子と火の鳥と灰色おおかみ」の一場面です。

政治的に対立が続くロシアとウクライナですが、このフェスタではマトリョーシカの絵付け教室やウクライナ人形のワークショップがあってにぎやかでした。

IMG_2607b3.jpg

「ロシアの装丁と装画の世界」展の図録。

IMG_2610b3.jpg

300近いロシアの本の表紙と見返しで構成されていて、いつまででも眺めていられます。
お財布の中身が許すのであれば、欲しい絵本がありました。パレフの箱を思わせるような超豪華絵本で、とても美しかったのですが、お値段もそれ相応でした。
 
 

日本の中のスラヴ─大エルミタージュ展

ミュシャ展と同じく六本木の、こちらは森アーツ美術館の大エルミタージュ展、見ごたえはありました。

DSC_1534b3.jpg

大家の作品をまとめてみる機会はそうないし、本物のエルミタージュでは観るものが多すぎて一つの作品をじっくり鑑賞することはできないし、保管庫にしまわれて普段お目にかかれない作品も来ています。
でも、ラインナップがいささか微妙な気がしないでもありません。
レンブラントなら「放蕩息子」や「イサクの犠牲」がエルミタージュ収蔵の中では人気だし、ルーベンスも「大地と海の結合」や「ペルセウスとアンドロメダ」など人気作品があるのに、なぜこれ?という感じで、目玉になるような作品は大量には借りられないのかと裏事情が気になってしまいました。

IMG_1956b3.jpg

ロシアのエルミタージュに行った時のチケットがとってあったので並べてみました。

IMG_1960b3.jpg

5年前のチケットと案内図。

IMG_1959b3.jpg

こちらは大昔ので、たぶん2回目くらいに行った時の。藁半紙に印刷されて、ミシン目なんてものはありません。
今は基本的に撮影可だけど(企画展や特別展示は撮影不可のものもありました)、昔は写真撮影するのに別料金取られてました。
 
 

日本の中のスラブ─ミュシャ展

自分で書いておいて、スラブという言葉がどのあたりまで示すのかはわかっていませんが、とりあえずスラブ系の言葉を持つ文化ならばスラブ系ということで、ひとつめがやはり「ミュシャ展」です。

DSC_1501b3.jpg

ミュシャと言えばアールヌーボー様式の流麗な女性のポスター画で有名ですが、実は初めて実物を見たのが油彩で、むしろ油彩の方が好きです。
今回はスラヴ叙事詩が全20点まとめて公開されるというので、ぜひとも見なくてはと列に並ぶのを覚悟で、でも券を買うのに並ぶのはいやだと前売り券を握りしめて国立美術館に向かったのですが、早い時期だったからか拍子抜けするほどで、券売所にも行列は見当たりませんでした。
それでも、ポスターのコーナーは並べてある間隔が狭かったのでなかなか進まなかったのと、グッズ売り場は混んでいました。
肝心のスラヴ叙事詩はというと、やはり凄かったです。絵に添えられた解説を読んで改めて絵を見ると、それまで見えていなかったものが見えてきて、見入ってしまいます。時間を気にせずいつまでも眺めていたいくらい、見どころしかありませんでした。
いつもは解説見ないのですが、今回ばかりは音声ガイド借りなかったことを後悔しました。
なぜなら、絵があまりにも大きすぎて、解説を読むのに絵に近づいて、全体を見るのに絵からずーっと離れて、の繰り返しで落ち着かなかったから。
もちろん何の先入観もなしに見てもいいんですが、絵の背景を知るとさらに胸にせまるものがあります。
後期の作品のいくつかは自由に撮影できました。

IMG_1849b3.jpg

IMG_1857b3.jpg

IMG_1848b3.jpg

IMG_1841b3.jpg

赤の広場を背景に描いたこの作品は、広場のどの位置から描いたのかとか、余計なことが気になってしまいました。
他にも、寺院の内部がモスクワのとあるメトロの駅の構内にそっくりとか、スラブ好きの血が騒ぐ。

クロポトキンスカヤ駅

ちなみに、こちらがその駅。近くにある救世主教会の内部を模したものらしいので、似ているのも納得できるかも。

IMG_1866b3.jpg

ミュシャを好きになるきっかけのbunkamuraの時のチラシです。
この時に見た「クォ・ヴァディス」、左のポストカードの絵は今回も展示されていました。油彩ですが、ミュシャ様式がふんだんに盛り込まれていて、構図は見事だし人物は美しいし装飾の薔薇の文様も素晴らしいのです。
「クォ・ヴァディス」は堺市所有なのでまた見る機会はあるかもですが、スラヴ叙事詩は今回を逃すといつ見られるかわからないです。
 
 

きのこ!!!

去年の秋から今年にかけて、きのこをよく食べています。野菜が高騰した時もきのこは安定した価格で、さらに特価になった時に買い込んで小分けにしたりスライスしたりして冷凍室に入れておいたので、きのこが切れる日はありませんでした。
きのこの山かたけのこの里かと言われるとたけのこ派と答えますが、きのこかたけのこかと聞かれればきのこの方が好き。きのこご飯にきのこ汁におかずがきのこでも何ら問題はありません。
しかも、手軽に調理できるすぐれもの。

IMG_9597b3.jpg

かご盛りのマッシュルーム。食べきれない時はスライスして冷凍保存できるので、安売りしているとつい買ってしまいます。

IMG_9608b3.jpg

スライスしたマッシュルームとソーセージをオリーブオイルでソテーしてマジックソルトをかけただけのお手軽な一品。でも、美味しい!

IMG_0347b3.jpg

お餅ピザ。お餅がとろけすぎてグラタンのようになっています。
でも、お餅なのでスプーンよりも箸のほうが食べやすいです。

IMG_9904b3.jpg

きのこ入りシチュー。

IMG_0405b3.jpg

きのこのつぼ焼き風。
грибЫ(グリブィ)はロシアではおなじみの料理で、きのこのクリーム煮を壺型の容器に入れてパンで蓋をするのですが、形もまるできのこ。
雰囲気だけの、~風なので、パンは軽く焼いてのせているだけです。

IMG_0029b3.jpg

エリンギを使った和風パスタ。

IMG_1034b3.jpg

「貧乏人のパスタ」というそうです。貧しくてチーズが買えないので、パン粉をオリーブ油で炒めて代用したのが始まりとのことですが、チーズよりオリーブ油の方がセレブな気がしてしまいます。もちろん、どちらもピンキリですが。
使っているきのこはマッシュルームです。

IMG_9844b3.jpg

マフィンを使ってビザトースト風。具が多すぎてチーズが見えません。

IMG_0052b3.jpg

餃子の皮を使ったラザニアもどき。
出来上がったら嵩が減ってしまいました。あと2、3枚重ねてもよかったですね。

IMG_1069b3.jpg

なんちゃってクローシュカカルトーシュカです。
本場ロシアのものは大きなジャガイモを皮つきでゆでたものをつぶして、そこにチーズやお好みでトッピングしてくれるのですが、なんちゃってなのであらかじめ皮をむいてレンジでチンしたジャガイモをつぶしてチーズや軽くソテーした具材を乗せて、さらにチン。

IMG_2015b3.jpg

納豆チャーハンしいたけ入り。カメラを意識してドーム状にしてみました。

IMG_1698b3.jpg

番外編、きのこプリン、ではなくて、きなこプリンです。

IMG_1710b3.jpg

黒蜜ときな粉の相性は抜群です。

というわけで、まだまだきのこ、冷蔵庫にたくさんあります。
 
 

日本の中のジャパン─並河靖之七宝展

そして、東京都庭園美術館の「並河靖之七宝展」

DSC_1529.jpg

ドレスコードというのをクリアして、割引料金で入れてもらいました。

IMG_1879B3.jpg

なんのことはありません、作品にちなんで蝶のモチーフを身に着けていれば100円引きとのことなので、家にあった蝶っぽいものを持って行ったら、とりあえず一個見せたらOKでした。バッグチャームとか蝶柄のハンカチーフを持ってたのに、見せる機会がなくてちょっと残念。
展示は最高に素晴らしかったです。無料で貸してもらえる単眼鏡で細かいところまで見てうっとり。単眼鏡を離して全体を眺めてため息。手の込んだ細工はまさに宝石のようでした。
100点近い七宝の作品のほか、下絵や当時の芳名帳などが展示され、見ごたえがありました。

DSC_1520B3.jpg

本館の建物もアールデコ様式の建物で、そこかしこに惜しげもなくラリックのレリーフや照明がぶら下がっていて、ドアにしても天井にしても、とにかく全てがもの凄くすごいのです。(語彙貧困)