日本の中のジャパン─超日本刀入門

日本を再発見というわけでもないですが、日本っぽい展示をいくつか見てきました。

DSC_1430b3.jpg

まずは、静嘉堂文庫美術館で開催されていた「超日本刀入門」

DSC_1428b3.jpg

国宝、重要文化財を含む日本刀が、年代順に並べられていて、超日本刀初心者には少し難しいような気もしましたが、その姿の美しさにはやはり惚れ惚れします。
ポスターになっているのは滝川一益が信長から拝領の太刀。他に、直江兼続に贈られた秀吉の形見の太刀もありましたが、蒔絵の鞘がとても美しいものでした。
行った日はちょうど鞘師、刀匠、研師の方々の実演があって、刀になる前の鉄の塊やこれから形になっていく鞘や室町時代の刀など持たせてもらいました。

DSC_1450b3.jpg

時節柄、和服女子や自身も日本刀を所有しているという方々の高等な質問が飛び交っていましたが、超無知な私の質問にも快く答えてくださって、すごく楽しかったです。

DSC_1449b3.jpg

DSC_1446b3.jpg

いろんなカンナが並んでいます。
鞘を磨くのは昔ながらの砥草を使っているそうです。鞘の中の構造を見せてもらったり、刀を鞘に収めた時に塵が入ってしまっても刃を傷つけない工夫についても教えてもらいました。

DSC_1437b3.jpg

鉄の塊が刀になるまでの工程。鉄はやはり重かったです。

DSC_1452b3.jpg

泥をこねたものを刃の上に載せています。この作業で波紋の模様が決まります。さすがに焼き入れなんかはここでは見せてもらえませんでした。

DSC_1440b3.jpg

DSC_1445b3.jpg

この刀も持たせてもらいました。この段階でも切かなり切れるそうなので、もうドキドキでした。

帰りに美術館の敷地内の庭園をうろついたり、近くの岡本民家園に足を延ばしたり、帰りがけに指定文化財になっている旧小坂家住宅にお邪魔してひな人形を見て庭園をさまよったり、一日ですごく日本を満喫しました。

DSC_1457b3.jpg

DSC_1462b3.jpg

DSC_1463b3.jpg

DSC_1474b3.jpg

DSC_1483b3.jpg

DSC_1481b3.jpg

DSC_1477b3.jpg

DSC_1487b3.jpg

そのぶん、よく歩いたので足が疲れました。
 
 

きのこ!!

先日、池袋の三省堂でやっていた「世界のトランプ・タロット展」でみつけたきのこのトランプがとても可愛かったのです。
思わず家に連れて帰ってしまいました。もちろん、レジでお金を払いました。

IMG_1581b3.jpg

裏はこんなふう。

IMG_1628b3.jpg

寄って見ると、ちいさなきのこがびっしりいるのがわかります。

IMG_1627b3.jpg

トランプしながらきのこの名前が覚えられるなんて!
ただ、残念なことに、英国製のトランプなので書かれているのは英語のみ。
つまり、英語も覚えられるというわけです。やったね!
 
 

きのこ!

終わりなききのこたけのこ戦争、きのことたけのこのオセロもあるそうですが、1月に巨大なきのこの山を見てきました。

DSC_1397b3.jpg

もちろん、本物ではありません。六本木のミッドタウンで開かれていた「デザインの解剖展」です。
メインは「きのこの山」「ブルガリアヨーグルト」「おいしい牛乳」などお馴染みの商品。
知らなくても特に問題ないことなのに知ることでちょっと得した気分になったり、よくもそこまでというくらい細かく細かく解説しています。何しろ、解剖ですから。
変態的と言っていた人がいますが、確かにその通りだと思います。褒めてます。
しかも、誰もが知っている商品だけに、見てて楽しかったし、興味ないところは飛ばしても、すごく見ごたえがありました。

DSC_1361b3.jpg

1月だったので寒かったですが、みんな文句も言わずに並んでいました。

DSC_1371b3.jpg

これだけ大きいと、二種類のチョコレートを使っているのがよくわかります。

DSC_1369b3.jpg

こんなのが公園とかにあったら、いい遊び場になりそう。

DSC_1367b3.jpg

DSC_1370b3.jpg

DSC_1368b3.jpg

DSC_1372b3.jpg

終わりなききのこたけのこ論争。それぞれの言い分。

DSC_1375b3.jpg

これを見ると、「きのこの山」はやはりあの形でないと、と思います。

DSC_1378b3.jpg

DSC_1379b3.jpg

巨大なチョコレート。

DSC_1380b3.jpg

こんなに大きいのに、あふれるチョコレート感。

DSC_1381b3.jpg

DSC_1382b3.jpg

チョコレートを包んでいる銀紙があと1ミリずつ大きかったら年間どのくらい変わるのかということが書かれています。
面積は皇居の10個分、重さはヒグマ1頭分だそうです。それを考慮して、銀紙の大きさは綿密に決められているようです。

DSC_1383b3.jpg

DSC_1384b3.jpg

DSC_1386b3.jpg

スーパーカップの断面。溶けかけているところまで忠実に再現されています。

DSC_1388b3.jpg

DSC_1399b3.jpg

DSC_1401b3.jpg

出てきた時はすっかり夜でした。

この3月にはやはり六本木で「ミュシャ展」と「大エルミタージュ展」があります。一日で両方みられるかな。
 
 

第6回クラフトアート創作人形展

1月末から始まったクラフトアート創作人形展、東京会場、大阪会場、共に終了しました。
私は大阪会場の方だけ出展したのですが、両方の会場を見ているので、今までに比べて球体関節人形の割合が減っているような印象を受けました。その分、実にバラエティに富んだ作品の数々を見て圧倒されました。
それと、限られた空間をみんなすごく上手に使っているというのを感じました。

大阪会場の様子です。

DSC_1422b3.jpg

DSC_1421b3.jpg

DSC_1420b3.jpg

DSC_1419b3.jpg

IMG_1639b3.jpg

設営や撤収では相変わらず手際が悪くて周りに迷惑かけたり好意に甘えたりしましたが、たくさんの作品を見られて本当に楽しかったです。
主催者様ならび会場を提供してくださった大丸様、参加者のみなさま、そして会場にいらっしゃったお客様、来られなかった方も、全ての方々に感謝いたします。

東京会場は浅草だったので、人形展を見た後、おみくじをひきました。吉でした。

DSC_1412b3.jpg
 
 

展示のおしらせ

2月に参加する展示会です。

第6回クラフトアート創作人形展
2017年2月15日(水)~2月21日(火)
10:00~20:30(最終日は17:00まで)
大丸心斎橋店北館12階美術画廊
大阪市中央区心斎橋筋1-7-1
http://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/art_event/index1.html

IMG_1630b3.jpg

2017創作和人形展
2017年2月25日(土)~3月5日(日)
am11:00~pm6:00 会期中無休
入場料 300円
ギャラリーぶんかとう
福岡県行橋市西泉7丁目16-21
Tel0930-23-5653
http://www.bunkatou.com/

IMG_1632b3.jpg

どうぞ、よろしくお願いいたします。